アレルギー性紫斑病.com 

アレルギー性紫斑病回復の病院以外の選択肢

アレルギー性紫斑病が回復された実例と全国の施術院の紹介です。
施術後のご感想

施術後のご感想

このエントリーをはてなブックマークに追加

当院でアレルギー性紫斑病の施術を受けられた5歳男子のお母様より
お手紙をいただきましたので掲載させていただきます。
(掲載のご了解はいただいております)

1

2

3

 
去年の夏に初めて紫斑病と診断された時は、ネットで色々調べ、
難病の一つだと知り、本当に血の気が引く思いでした。

息子の場合は、原因となる感染症やアレルギーも無いと、検査の結果わかり余計に不安になり、
お医者様にも「とにかく安静が一番の治療法です」と言われるだけで、
腹痛に対してはステロイドを使うと説明された時も、副作用の心配などがあり
気が進まなかったのですが、まず今は少しでも状態を良くしてあげたいという気持ちで同意しました。
そして2週間の入院と、夏休みいっぱいの安静を経て、秋の運動会にも元気に参加、
病気のことも忘れかけていた年明けに、息子の足にまた紫斑を見つけた時はガックリ来ました。

やはり検査の結果、原因はわからず、10日間の入院。

そして後遺症として腎炎も併発し、1ヶ月後の小学校入学も厳しい状況だと
お医者様に言われてしまいました。

それでも何とか入学して、体育も見学、登下校も私が送り迎えをして、
家でもトイレ以外はできるだけ動かない生活を続けていましたが、
それでもまた紫斑病が出てきてしまったのです・・・。

息子が少し動く度に、「動かないの!お医者さんに言われたでしょ!」と叱る私も、
動きたくてもグッとこらえつづけてきた息子も本当につらかったです。

ただ3回目は「このまま病院に行っても治らない。他の治療方法を探さなければ!」
と強く思いました。
そして以前にネットで見た紫斑病を自然形体で治した方がいるという記事を思い出し、
まさにワラにもすがる思いで春日先生にお電話させていただいたのです。

春日先生のブログに、花粉症やアレルギー性鼻炎も紫斑病と同じく
首に原因があると書いていらっしゃったのも、お電話するきっかけになりました。

息子もアレルギー性鼻炎で、思い返してみれば、2回目も3回目も
紫斑が出る3、4日前から鼻をグズグズ言わせていたのです。

もちろんそのことはお医者様にもお話しましたが、あまり気にはとめて下さらず、
鼻炎のお薬を出していただいただけでした。

結局息子はこちらに3回お世話になりましたが、回を重ねるごとに
紫斑の大きさ、数、濃さも改善されていきました。

鼻炎も「紫斑がなくなっていくのと同じになくなりますよ」と
春日先生に言っていただいたとおりにすっかりよくなりました。

3回目が終わってから今日までの10日間は家でも外でもガマンすることなく
動き回りましたが、紫斑は一つも出ていません。

3回目が終わった時点で、先生に「あとは家で体操しながら様子を見て」と言われ、
この1年弱悩まされ続けてきたものが、たった3回で治ってしまうのか?と、
まだ不安なところがあったのですが、今の息子の元気な姿を見ると、
自然形体という治療法が正解だったのだと確信がもてます。

何かしてあげたいという気持ちで漢方や整体も試しました。

都会の空気が、水が悪いんだから田舎に帰ってこいとも言われ、ストレスじゃない?
疲れてたんだよと周囲に言われると、それに気づいてあげられなかったのは
母親として申し訳なかったなと、この先どうなるのだろう、
一生この病気におびえていくしかないのか、とまで考えて不安になりました。

しかし今では腎炎の方も改善し、尿たん白も3プラスからマイナスにまでなり、
お医者様にも「一安心ですね」と言っていただけました。

お医者様も息子のために色々と考え言葉もかけて治療してくださいました。

ただ、紫斑病のように一般に言う西洋医学(病院)では治らない、
考えられないところに原因がある病気もあるんだということは今回のことでよくわかりました。

息子は首に負担をかけるようなケガや事故もなかったのですが、
春日先生には首に負担をかけるような姿勢がクセづいていると指摘されました。

毎晩「まだ紫斑が増えているんじゃないか」とビクビクしながら息子の足をチェックし、
「あった・・・」とガックリすることもなくなりました。

今では腎炎になる前に、もっと早くこちらにお世話になっていればよかったと悔やまれますが、
今後は教えていただいた体操をしっかりやって注意事項をきちんと守っていれば大丈夫、
と前向きに考えられます。
本当に春日先生、自然形体とのご縁に感謝しています。


自然形体療法 整体院爽快
東京都豊島区要町3-26-3-3F
03-3955-7577

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>