アレルギー性紫斑病.com 

アレルギー性紫斑病回復の病院以外の選択肢

アレルギー性紫斑病が回復された実例と全国の施術院の紹介です。
アレルギー性紫斑病 4才 女子

アレルギー性紫斑病 4才 女子

このエントリーをはてなブックマークに追加

アレルギー性紫斑病 4才 女子
初回:2015年7月26日来院

<主訴>
7月上旬頃から両足(主に)ひざから下に紫斑が出る。
足首・手首・膝の痛み・腫れ(むくみ)、嘔吐による食欲不振がひどく衰弱している。

<状態>
関節の痛みにより歩行困難のため、ご両親に抱きかかえられて来院。

<施術>
座位で背骨を中心に歪みとりバランスをとる。
特に頸椎周りの筋肉の癒着や疲労は念入りにとる。
お母さんと一緒に寝てもらい、全身のバランスを整える。

施術後、立ち上がり歩いてもらうと、まだ足首に痛みが出る。
もう一度、足周りのむくみをマザーキャットでとりさり、足首の関節を調整し、本日の施術は終了。

アレルギー性紫斑病についての西洋医学での考え方、自然形体療法での考え方をご両親に説明。
生活習慣で気をつけることや、家での過ごし方をアドバイスし、ご帰宅いただいた。

最終的に紫斑が出なくなるのには1ケ月程度かかったが、腹痛などは体調が悪い時に出るので、
全ての症状消失までに3か月計9回の施術を要した。

●初回来院 7月26日
SN(前)

●2回目来院 8月2日
SN(後)

1週間で紫斑はほぼ消えてきました。

【院長談】
なかなか個性的な可愛いお嬢さんでしたが、なかなか私になついでくれず、おもちゃを駆使したりご両親に協力してもらい施術しました。
今ではとても元気になってもらって嬉しいです。
お父様よりご感想をいただきましたので、同じような症状でお悩みの方は是非ご参考にして下さい!

紫斑病4才

①施術を受けて、症状はどのように変化されましたか?

初来院時は立つこともできないくらい、膝の関節が痛く弱っていたのが、
施術直後にスクッと立ち上がり、大変驚くとともに、ありがたく思いました。
その瞬間のことは今も忘れられません。

その後も、一週間ごと、二週間ごと…と、症状・体調を見ていただきながら
負担のないよう施術間隔を調整いただき、8月などにたまに紫斑が出るようなことが
あっても継続することはなくなり、10月現在では紫斑も見られなくなりました。

②施術を受けられてのご感想をお聞かせ下さい。(何でもOKです)

ステロイド薬などを飲むことなく、施術で症状が出なくなり
治癒にむかっていることが、親としてとてもとてもありがたかったです。
日常的な免疫力といったものも向上しているように実感しています。

特に症状を緩和し、治すために自宅でできることや、日々の生活の中で
気をつけるべきことのアドバイスを詳細にいただき、最終的に通院せずに済むような方向・
方針での施術をしていただいていることが大変心強く思います。
こちらで治療を受けることができて、本当に良かったです。


自然形体療法 整体院爽快
東京都豊島区要町3-26-3-3F
03-3955-7577
春日久孝

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>